血管体力の重要性

血管の役割>血管体力の重要性>血管の健康診断

血管の構造を見てみましょう

動脈の構造

動脈は内膜、中膜、外膜の3層構造からなっています。

内膜は一層の血管内皮細胞でおおわれています。この血管内皮細胞は種々の血管作動物質を放出し,血管の収縮・拡張を調節するほか、血小板の粘着,凝集を抑制し血管の保護をしています。
中膜は血管壁の収縮や拡張の運動を支える筋肉でできています。
そして、外膜は血管壁を外部から守っています。
動脈硬化は、血管内膜にある一層の内皮細胞の機能が低下することから始まります。弱った血管内皮細胞の隙間からコレステロールが入り込むことで進行してしまいます。

悪玉コレステロールと内皮細胞

血管内皮機能障害を予防することが大切です

血管内皮機能障害
血管体力は血管状態を反映するバロメーターです。

動脈硬化を発症する前段階で血管内皮機能障害が起こることがわかってきました。
この血管内皮機能障害は改善することができるため、早い段階で血管の状態が判れば、動脈硬化の予防になるのです。

ずっと健康でいるために、血管体力を向上させましょう!

血管の役割>血管体力の重要性>血管の健康診断
FMD検査・血管体力